就職準備情報

アメリカの大学では常に就職セミナーが行われています。例えば日系ではなく現地の大手IT関連企業に勤める方を講師として招いてお話をうかがうセミナーな ど、アメリカ企業の採用する側の立場からの話がいろいろ聞けます。日系企業だけじゃなく、もっとアメリカ企業や大企業にチャレンジしてみてください。ス タートアップの会社ではビザをサポートしてくれない場合が多いです。日本人は自分が日本人だということを意識しすぎているため、日系や日本の会社だけで就 職活動をする場合が多いようです。日本でダメだったからアメリカで、という意識ではダメです。キャリアが大事なのか、アメリカにいることが大事なのか、動 機をはっきりさせておいたほうがいいと思います。

アメリカはチャレンジする人には寛容な国です。アメリカの企業では、まずインターンシップをさせてよさそうな人にジョブ・オファーを出すことが多いので す。だからまずインターンシップをさせてくれるように企業の人事に問い合わせてみるのもいい方法です。面接官は、チームで仕事ができること、自分から動け ること、問題解決能力、リーダーシップがあるかとうかを見極めます。履歴書には自分がどんな仕事をしてきたか具体的に書いたほうがいいです。最初のほうに インパクトのある内容を置くこと。仕事歴のない人は学校でのプロジェクトについて、自分が何をしたのか、問題にどう対応したのかを書くといいと思います。

就職面接時には、インタビューでは自分をよく見せようとしたり、うそをついたりせずに、ストレートに答えることが大切です。レジュメに書いてある以外のこ とは質問されないはずです。日本の面接は人を落とすためのものだけど、アメリカの面接は人を取るためのものです。基本的にはこちらから何を質問しても問題 はないのです。メールアドレスは自分の名刺と同じです。自分の名前を含む、わかりやすいアドレスを持っていたほうがいいと思います。

国内の学生とは違い、就職情報の少ない海外大卒者に向けて、就職環境や就職活動のヒントなどをつかんでもらう就職フォーラムなども常にアメリカで開かれて いますし、留学生対象に企業などが主催する企業研修会、説明会も開催されています。各大学にも留学生向けの就職情報部が設置されています。経済の動向に よって激しくかわる就職環境ですが、経済状況に関わらず先を見れば、企業は採用を継続していかなければなりません。採用数は控えめ気味だとしても採用意欲 は底固いといえるのです。

しかし、留学さえしていれば簡単に就職できると安易に考えてはいけません。多くの企業は毎年多数の留学生を採用していますが、海外生活が長いことだけを売 り物にするだけでは通用しません。留学生活を通して『こんな事を身につけたい』という価値観があって初めて評価されます。また、目的意識の薄い中途半端な 留学生活も評価されません。留学に対してビジョンを固め、そのプランを早いうちから立て、実行し始めるといった努力が必要です。それをするためにどんな学 部を選び、企業又は進路を選べばいいのか、などを真剣に考えるべきです。将来の自分像を設定し、現在からその目標に至るまでの過程で大学、企業、進路を考 えることができれば理想的なのです。

主な進学先

多くの学生は2年制大学から4年制大に編入後卒業ワシントン州立大学大学院卒業、イースタンワシントン大学大学院卒業、セントラルワシントン大学院卒業、 カナダの大学院卒業、東北大学大学院卒業、ポートランド州立大学大学院、カナダトロントシャルダンカレッジ卒業、慶応大学通信講座修了、その他。

主な就職先

ムネカタ興産、松下電器産業、日本エアシステム、ユナイテッド航空、JTB、版印刷工、SONY、帝国ホテル、コスモポリタンホテル、江陽会館、新日本工 業、日立コンピュータシステム、シアトル民報、サンノゼ舞台美術、社会福祉事務所、設計事務所、東北大理学部国際推進センター、東京ANJO英文会計士専 門学校、第2議員会館(衆議院)、マイクロソフト(東京)、東北電力、シアトルレッドライオンホテル、明泉幼稚園、秋田県山本中学校英語講師、あいず若松 市役所、ジスコ人材派遣及び広告代理店(東京)、AISLIジャパン、地図測量製作会社、貿易会社、JAS仙台空港グランドホステス、コンピュウターグラ フィックス会社、外国出版書籍販売会社(東京の外資系)、イーオン英会話講師、ミネルバ英語学校英会話講師、看護士国家試験合格、ハワイの病院勤務、ジオ ス、英語塾・翻訳・通訳など幅広く活躍中、その他。